“Belief”
Mother Land of Hokkaido

北海道の地産を大切に育てるノース・ピー事業部

株式会社 江戸屋 ノース・ピー事業部

株式会社 江戸屋 ノース・ピー事業部

北海道の自然の恵みを大切に、本物の味を求めて

昭和30年帯広で創業。珍味の卸売業からスタートし、現在では北海道産の原料を用いた農・畜・海・水産品の加工から販売まで、幅広く事業を展開。郷土の豊かな自然を何よりの財産とした、素材主義、本物品質をモットーに豊かな食文化の発展に貢献しております。

昭和57年からは十勝地方の郷土品開発事業部を設け、平成元年には ( 有 ) ノース・ピーとして独立、平成23年4月には(株)江戸屋と合併し(株)江戸屋ノース・ピー事業部になりました。北海道の畜肉加工品・乳製品を中心に、全国へ展開。地域との共存・共栄とともに、これまで培ってきた信頼と実績にさらなるチャレンジを積み重ねて、心あらたに次代への大きな飛躍を目指します。

 

十勝産の新鮮素材と自由な発想。その調和が生み出したノース・ピーブランド。

農業王国、十勝。遙か地平線まで続く雄大なこの大地に育まれた新鮮な素材と、枠にとらわれない自由な発想を調和させて、新しいおいしさを作り出してみたい…。そんな発想から生まれたのがノース・ピーブランドの商品たちです。たとえば「乳蔵」は、北海道の牧場で搾ったミルクが原料。そこに加えられた手間ひまを惜しまない職人の技と大胆なアイディアが、従来品とはひと味もふた味も違う、本物の味わいを作り上げました。

商品アイテムも、全国の乳蔵ファンの高い支持を得て、チーズやバター、ヨーグルトからケーキに至るまで徐々に広がりを見せ、ギフト用のアソートパッケージなども人気を集めています。さらに豆を丹念に煮詰めた「十勝の煮豆」や北海道産豚肉を使用した帯広名物の「豚丼」、もぎたてのトウモロコシに焼き目を入れてパックした「焼き焼きコーン」なども、ノース・ピーブランドを代表する逸品たち。十勝から発信されるおいしさのメッセージは、今、全国に広がりを見せています。

 

十勝(とかち)を拠点に視野は北海道全域。北ならではのおいしさを全国に発信。

北に根ざしたおいしさの発信。この堅実な企業姿勢は、全国各地に多くの十勝ファン、北海道ファンを作り上げ、ノース・ピーの業務領域も次第に拡大してきました。たとえば道産の農産物のパッケージ商品の提供。地場の農家と信頼関係を築き、品質良品だけを仕入・提供できるノース・ピーならではのアソートパックで、「ジャガイモとバター」「メロンと生ハム」など、ヒット商品も多数。さらに食べきりサイズの海産物、ユニークなアイディアで好評を博す「鮭ぶしラーメン」など、扱うアイテムも年々増加の一途をたどっています。十勝発から北海道発へ。業界フィールドが広がっても、おいしさに対するこだわりの姿勢は創業時のまま受け継がれています。

 

アンテナショップとしても機能する直営店オンラインショップ「北の箱」

農業王国、十勝。遙か地平線まで続く雄大なこの大地に育まれた新鮮な素材と、枠にとらわれない自由な発想を調和させて、新しいおいしさを作り出してみたい…。そんな発想から生まれたのがノース・ピーブランドの商品たちです。たとえば「乳蔵」は、十勝の牧場で搾った新鮮なミルクが原料。そこに加えられた手間ひまを惜しまない職人の技と大胆なアイディアが、従来品とはひと味もふた味も違う、本物の味わいを作り上げました。

 

株式会社 江戸屋 ノース・ピー事業部

株式会社 江戸屋 ノース・ピー事業部
〒080-2469 帯広市西19条南1丁目4番地16
tel: 0155-33-8111
e-mail: support@northp.co.jp

 

株式会社 江戸屋 ノース・ピー事業部 釧路F・W店

〒085-0016 釧路市錦町2丁目4番地 釧路フィッシャーマンズワーフMOO内
tel: 0154-23-0671